男女混合の4人組のポップスロックバンド「緑黄色社会」です。


略称は「リョクシャカ」で、私も最近聞くようになりました。

女性ボーカルの長屋さんの高音がとても心地いいです。最近ではアニメの曲も使われています。

「リグレット ニューレックバージョン」の曲の歌詞に「~器量がないなら、魅力もないから~」とあります。

器量って、最近は使わないな?と思って、調べてみました。

「器量」のもともとの意味は以下の通りです。

1.あることをするのにふさわしい能力や人徳

2.その才能に対して世間が与える評価、面目(主に男性についていう。

 「例:器量を上げる」

3.顔立ち、容貌。多くは女性についていう。「例:器量がよい娘」

また、慣用句では

・器量好み:顔立ちの美しい女性を好むこと

・器量自慢:顔立ちが美しいことをみずから自慢すること。

・器量人:大きな物事をなしとげる能力を備えた人。

などがあります。

私はずっと、「器量がいい」とは性格のいい女性のことだと思っていました。

でも、本当に歌詞にあるようなら、魅力がないと思う女性は暗くなりますね。

でも、そんなことはないと思います。

私も美しいのは魅力的だと思います。でも年齢を重なれば、みんな同じよう容貌になると思います。

でも性格はずっと変わらないと思います。だから私は一緒にいても、気を使わない、使わせない女性が一番だと思います。

だから、みなさんも婚活でも総合的に判断しましょう。「緑黄色社会」も聞いてみてください。

 皆さんに良いご縁を ―

【YouTube】

⇒ https://www.youtube.com/channel/UCEUs2cuhTx-DTfHIqI3gpqw?

【ツイッター】

⇒ @sensale802

【インスタグラム】

⇒https://www.instagram.com/ttsujim/?hl=ja

【ランキング】

Tetsuo Tsujimura
info@sensale.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です